禿げてきた

禿げてきた

禿げてきた・髪が薄くなってきたのに気づいてしまった。

 

気づいてしまうレベルですから、早急な対策をした方がいいのだと思います。

 

 

ただし、その前に最低限、対策する意味があるのかを確認してください。

 

まず、お聞きしたいのは、禿げてきた場所は頭のどの部分でしょうか?

 

もし前髪の生え際(M字の部分)や頭頂部(つむじの付近)から禿げてきたのなら、実はチャンスがあるかもしれません。

 

 

 

なぜ生え際や頭頂部ならチャンスがあるのか!?

前髪の生え際(M字の部分)や頭頂部(つむじの付近)から禿げてきたという場合、禿げる原因は、こうです。

 

生え際と頭頂部に酵素がたまる。

この酵素男性ホルモンと反応して悪玉ホルモンに変わる

悪玉ホルモン抜け毛を促進してしまう。

 

という事は、早い話、この酵素や悪玉男性ホルモンを抑えればチャンスがあるわけです。

 

 

 

どうやって酵素や悪玉ホルモンを抑える?

酵素や悪玉ホルモンを抑える方法、これがいわゆるAGA治療だったわけです。

 

AGA治療にはミノキシジルプロペシアが使われます。

 

でも、ミノキシジルとプロペシアには副作用があるので、当然、お医者さんに行く必要がありました。

 

 

 

副作用が無いから家でできる方法

でも、今では、ミノキシジル・プロペシアと同じような毛根活性・悪玉ホルモン抑制ができて副作用の無い成分が発見されています。
それが

 

ミノキシジル = M-034
プロペシア = オウゴンエキス

 

です。

 

M-034とオウゴンエキスを配合した市販の育毛剤が新たに登場してきています。
このジャンルの育毛剤なら、副作用や保険適用されない高額な医療費を気にせず今すぐ自宅で試せるわけです。


原因に効くM-034とヒオウギエキス・オウゴンエキス配合の育毛剤!実力ランキング

原因に効くM-034とオウゴンエキス配合の育毛剤!実力ランキング

 

 

 

無添加育毛剤イクオス

IQOS(イクオス)の特徴

プロペシアと似た働きのオウゴンエキスを配合しながら、ミノキシジルと似た働きのM-034を最大級に配合しているのがこのイクオスです。イクオスの良い点は定期購入の価格がM034育毛剤の中で一番安いのと、返金保証の期間が他の育毛剤よりも長い45日あり、実感までの平均期間が早いというところ。

実感までの平均期間は1ヶ月〜3ヶ月と、ミノキシジル育毛剤(リアップなど)よりも早い時期に、より多くの人が実感できたという調査結果があります。
(3ヶ月以内に76%が実感)

  1. 厚生労働省が認可した天然無添加の育毛成分M-034を最大級配合
  2. 結果が出るまで1ヶ月〜3ヶ月で76%が実感
  3. 全額返金保証の期間が45日間ある

この3点から、人気ナンバーワンになっているのがこのイクオスです。
いま、育毛サプリメントが無料プレゼントされるキャンペーンがやっています。他社の同じカテゴリのサプリが1か月分5000円ほどするのを考えると、かなりお得ですよ。

価格 6800円
評価 評価5
備考 定期価格が安い(1回目から解約OK)。M-034を最大級配合。返金保証が45日。1〜3ヶ月で76%の人に結果が出た。

 

チャップアップの特徴

M-034+オウゴンエキス系の育毛剤で今一番人気なのがチャップアップです。返金保証があり、その期間も1ヶ月で、保証の書類があるので、安心感は高いです。

チャップアップはリニューアルして配合成分が増えたので、いま保証期間で試せる人はラッキーですね。
定期購入の価格は9090円まで安くなりますし、定期購入は1回目から停止してもOKなので、まずは試してみるという姿勢でチャレンジしてみてもいいと思いますよ。

価格 9090円
評価 評価4
備考 オウゴンエキスとM-034を配合。1ヶ月返金保証がある

 

プランテルの特徴

プランテルはオウゴンエキスの代わりに、ヒオウギエキスを配合しています。わざわざM字型用の育毛剤という肩書きがついているのが面白いです。

M字型に特化した発毛剤という事で、特に人気が集まっていますが、最大の特徴はコスパでしょうか。
1本に50日分入っていますが、一日に使う分で割ると、費用はわずか136円ほど。
缶コーヒー1本分ほどのコストで使えるのでコスパ重視の方にはうれしい育毛剤です。

価格 6980円
評価 評価3
備考 オウゴンエキスの代わりに、ヒオウギエキスを配合。1日のコストが安い

 

 

 

 

禿げてきた原因とは一体

禿げてきた原因として、一番大きいのは悪玉男性ホルモン=DHTの増加です。
DHTが増加するのには色々な生活習慣上の原因があります。

 

専門家寄りの意見だと、生活改善で薄毛を治すことはできないという意見がありますが、直接生活習慣が薄毛を治すことはなくても、DHTの増加を避けることは可能です。

 

それには、DHTが増える原因となる習慣を知っておくことが大切です。

 

 

DHTが増える原因1:ストレス

なぜストレスでDHTが増えるのか。
それはストレスを感じると、血管が萎縮するという体の働きと関係があります。

 

血管が萎縮して血流が悪くなると、血流をよくするために脳はテストステロンを増やそうと指令を出します。
すると、テストステロンが増えた結果、DHTも増えてしまうのです。

 

なので、生活習慣上ストレスを溜め込むことは、結果的に禿げてきた原因となってしまうのです。

 

 

DHTが増える原因2:喫煙

なぜ喫煙でDHTが増えるのか。

 

喫煙が体に与える影響は、ストレスと似ています。
タバコのニコチンが血管を萎縮させてしまうのです。

 

そうすると、ストレスの時と同じく脳はテストステロンを増やそうと指令を出してしまうため、結果としてDHTが増加してしまいます。
また、喫煙の場合、大量のビタミンCを消費します。
DHTだけでなくビタミンCの消費も禿げてきた原因になります。

 

 

DHTが増える原因3:飲酒

飲酒がDHTを増やしてしまう理由。
それは、お酒を飲みすぎた時に頭皮の血行が悪くなるからです。
(適度なお酒はストレスを解消し、血行を促進するのですが・・)

 

血行が悪くなると、上記のストレス・喫煙と同じく結果的にDHTが増加します。
また、飲みすぎで生成されたアセトアルデヒドもDHTを増やします。

 

 

DHTが増える原因4:睡眠不足

睡眠不足は無意識にストレスを蓄積していきます。
ストレスが蓄積すると、血管が萎縮し、結果的にDHTが増加します。

 

また、睡眠中は古くなった細胞が再生され髪が成長するのに大事な時間です。
特に22時〜2時のゴールデンタイムに睡眠を取れないと、髪の成長を阻害する事になります。

 

このように、特定の生活習慣が原因でDHTが増えやすくなることがあります。
専門家はDHT抑制薬以外の対策は無意味と言い切りますが、DHTを抑制する前に増加させないという意味では、生活習慣の見直しも有効な対策になります。

リアップは?

リアップも有効です。ただし、気をつけてほしいのは、リアップなどの主成分はミノキシジル。5αリダクターゼ(=酵素)やDHT(=悪玉ホルモン)を抑制するのは、プロペシアの仕事です。

 

だから、プロペシアと同じように悪玉ホルモンを抑えるオウゴンエキスの入った育毛剤を選ぶのがポイントとなります。

 

 

 

禿げてきた:髪が薄くなってきた

髪が薄くなってきたというのは、髪の本数が減ってきた場合と、髪の太さ・長さが無くなってきた場合に分けられます。

 

 

髪の太さ・長さが弱ってきた状態でも、ぱっと見ただけでは髪が薄くなったように感じるので、自己判断が難しい場合が多いです。

 

 

あきらかに太さが変わっていないのに本数がスカスカになってる、という場合以外は、こちらも活性型男性ホルモン(悪玉男性ホルモン)のジヒドロテストステロン(DHT)が原因の可能性が高いです。

 

 

気をつけてほしいのは、今までのリアップなどの主成分だったミノキシジルだけではDHTや5αリダクターゼを抑制出来ないという事です。

 

そこで登場したのが新しい成分M-034とオウゴンエキスを組み合わせた育毛剤です。

 

 

M-034を使った育毛剤を使う事で、髪の太さ・長さが弱ってきたタイプの薄毛に対策できます。

 

 

 

禿げてきた:前髪 禿げてきた

前髪のはげてきた跡はどのような状態になってますか?
もし、拡大してみた時に赤ちゃんの産毛のような自毛が残っている場合には、実はチャンスです。

 

この産毛は、通常の毛が5αリダクターゼと、活性型男性ホルモンの影響で短く・細くなってしまい、体毛のようになってしまったものなのです。

 

なので、この時点でM-034とオウゴンエキスを使った育毛剤を使う事で、禿げてきた前髪をなんとかする事が出来る可能性があります。

 

 

 

M-034とオウゴンエキスですぐ効く対策を

禿てきた原因が、上に挙げた3つに当てはまる場合、今までのリアップなどの主成分だったミノキシジルだけでは抑制できなかったDHTや5αリダクターゼを抑制することができる育毛剤でなら対策が出来ます。その成分がM-034とオウゴンエキスです。

 

ミノキシジルが血行・血管などの流れを良くするという面から育毛にアプローチするのと同じようにM-034が毛根を活性化しますが、オウゴンエキスはこの原因となっているホルモン・5αリダクターゼ・たんぱく質を抑制する方向で対策できる点が違うのです。

 

だから、原因が上記の3つと合っていれば結果が出るまでの平均期間は同じようになるわけですね。

 

 

 

M-034とオウゴンエキス

いま主流の育毛剤はオウゴンエキス(プランテルはヒオウギエキス)とM−034の両方の力で男性型脱毛症に対策するものです。

 

なぜいま、このオウゴンエキス+M-034の組み合わせで戦う育毛剤が主流なのでしょうか?

 

これまではこの組み合わせとして主流だったのは

 

プロペシア+ミノキシジル

 

でした。

 

リアップはこのうちのミノキシジルだけを配合していて、
プロペシアの方は、クリニックで処方してもらうものでした。

 

これに対してオウゴンエキス+M-034の組み合わせが主流になったのは・・・

 

オウゴンエキス=副作用のほとんどないプロペシア
M-034=副作用のほとんどないミノキシジル

 

というポジションで置き換え可能な成分だからです。

 

ですから、いま禿げてきた!という事で育毛剤を選ぶなら、安易にプロペシア+ミノキシジルの治療を選ぶよりもまず、
人気急上昇のオウゴンエキス+M-034の組み合わせで対策できる育毛剤を見てみる事をおすすめします。

フィナステリド・プロペシア、オウゴンエキス以外で悪玉男性ホルモンを抑えるもの

フィナステリド・プロペシア、オウゴンエキス以外で悪玉男性ホルモンを抑えるもの

 

 

悪玉男性ホルモンを抑えるものとして、最も強力なのはフィナステリド・プロペシアです。

 

しかし、生殖器関係の副作用が出るというのが非常にネックになっていて、副作用がいやだという人に人気なのがオウゴンエキスの入った育毛剤でした。

 

そもそも、悪玉男性ホルモンを抑えるというのは、悪玉男性ホルモン(ジヒドロテストステロン:DHT)を発生させないために、その原因となる酵素:5αリダクターゼを抑えるという方法になっています。これはプロペシアもオウゴンエキスもそうです。

 

ですが、この5αリダクターゼという酵素を抑えることが出来るのは、プロペシアとオウゴンエキスだけではありません。

 

食事として摂ることのできる栄養の中にも、5αリダクターゼを抑えるものがあります。
それが、亜鉛とノコギリヤシです。

 

亜鉛とノコギリヤシはもちろん食事から摂取してもいいのですが、亜鉛を含む食材(牡蠣とレバー)は調理レパートリーに限界があるから飽きやすいのと、牡蠣が高いため長期的に食事から摂取するというのが難しいです。
また、ノコギリヤシはノコギリヤシの実を食べる必要があり、日本では手に入りにくいことから食事での摂取が難しいです。

 

そのため、はげてきたから亜鉛とノコギリヤシを摂るという人には主にサプリメントが選ばれています。

 

このサプリメントは、1か月分5000円ほどする商品が多いのですが、いまイクオスを買うとこのサプリメントが無料でプレゼントされるキャンペーンが始まりました。

 

キャンペーンはいつ終わるか分からないので、まだやっているかどうか、こちらのサイトからチェックしてみるといいですよ。
↓↓↓↓

頭皮ケアに問題はないか

禿げてきたら、これ以上の進行を食い止めるためにも、また復活させるためにも、気になるのが頭皮環境です。
シャンプーなどは毎日やることですから、一番身近な、誰でもすぐ始められる対策です。

 

頭皮ケアには下記のものがあります。

 

洗髪

頭皮環境を気にしている方なら、当然髪は毎日洗っていると思いますが、毛穴に皮脂が詰まった状態で夜そのまま寝てしまうのは、抜け毛の原因になります。
ただ、洗いすぎもまたかえって逆効果になるので、適度に洗髪することが大切です。

 

頭皮マッサージ

頭皮マッサージは、頭皮の血行を改善するのを助けますし、シャンプー時には皮脂をもみだし、育毛剤の使用時には育毛剤の浸透を補助するので、丁寧なマッサージも身近な頭皮ケアとして大切です。

 

育毛剤・育毛シャンプー

育毛剤はDHT抑制だけではなく、頭皮環境の改善にも重要です。
ミツイシコンブエキスなど血行を促進する成分も含まれている育毛剤を選ぶのがポイントです。
育毛シャンプーも、頭皮ケアの成分や育毛成分が含まれているものを選ぶことが重要です。