禿げてきた 坊主

禿げてきた場合は坊主にした方が良いという真意は?

禿げてきたら潔く剃ってしまうか、坊主にしちゃったほうが良いという意見はよく聞きますが、本当でしょうか?

 

下手に残った髪にしがみついてバーコードになるよりはマシというのは分かりますが、スキンヘッドとか坊主ってどうなんでしょうか。。

 

 


スキンヘッドにご用心

やはりスキンヘッドの女性ウケは好き嫌いの激しく分かれるところのようです。
異様に厳つく感じたり、怖く感じたりする人も少なくないようですね。

 

スキンヘッドの方が良いという意見の真意は、もはや坊主にする事さえ出来ないぐらい禿げてしまったら、無駄に後頭部の毛を残さなくてもいいんじゃないか?
という意味で語られることが多いようですね。

 

だから、むしろスキンヘッドが受けるのでは?というのは、確かに一部本当にスキンヘッド好きな人にはプラス印象を与える可能性はありますが、一般的に考えると坊主よりもだいぶ好き嫌いの分かれる髪型なので、本当に剃る場合は要注意という事だけは念頭に置いてください。

 

 

坊主とはどういう髪型の事を言っているのか?

そこで、後頭部しか髪が残ってないという人以外は、まずは坊主にしたほうが無難だと言うことになります。

 

でも、この文脈で語られる坊主とは、あの野球部の坊主の事なのでしょうか?

 

答えはNOです。

 

坊主系・ボウズ系と呼ばれる髪型のジャンルが存在します。
一般的に女性にウケの良い坊主というのはこのジャンルの事です。

 

ボウズ系というのは、髪の長さを均一に全部そろえた、いわゆる野球部のする坊主ではなく、髪の長さに強弱をつけることでオシャレに見える髪型です。

 

髪の残し方で色々なバリエーションがあるのですが、髪の左右を短く、天辺を長めに残したソフトモヒカンが、男性型のM字系の禿げとの相性が良いです。

 

 

ボウズ系で紛らわせるのはいつまで!?

はげてきて、薄毛がどんどん進行している場合、いったいいつまでボウズ系でごまかせるのかというのは死活問題です。

 

個人的な感想ですが、生え際が頭のテッペンに存在する「百会」のツボのあたりまで進行する前までは、結構ボウズ系でごまかしが効きます。

 

ぱっと見、たしかにはげてきてるのが分かるのはわかるんですが、それでもなぜか違和感を感じさせない不思議なバランスを保つことが出来るからです。

 

百会を越えてつむじに寄ってきたら・・・

ここで一度裏技が使えると思います。
それは、所さんや小堺さんがやっている裏技です。

 

もう分かると思いますが、、ソフトモヒカン+金髪にしてしまうのです。
もちろん金髪は職業柄NGな場合も多々あると思いますが、もしこれが許される状況なら、最後の大技として金髪というのはかなり有効です。

 

というのは、肌の色と髪の色を近づけることにより、よりいっそう違和感を消すことが出来るからです。
髪と肌の境目の存在感を消してしまうんですね。

 

ボウズかハゲかわかりにくくなる

肌の色と髪の色のコントラストが強いと(つまり色的に白:黒の関係になってしまうと・・・)ボウズにしても、どこが禿げているのかというのが分かりやすくなります。
そこで、金髪にすると、肌の色とのコントラストは弱まり肌色:黄色の状態になりますから、どこが肌でどこが髪かわかりにくくなり、ボウズかハゲかわからなくなります。

 

生え際がつむじに寄ってきた方だけでなく、ハゲとボウズが分かりやすくて悩んでいる方にも使えるテクニックですね。

 

金髪は無理!頭皮を黒くするのは?

コントラストが原因で境目が目立ってしまうなら、頭皮のほうを黒くしてしまえばいいのでは?
というのは確かにその通りです。

 

しかし、頭皮の過剰な日焼けは、それ自体が抜け毛の原因になってしまいますし、黒髪との境目が目立たなくなるほど焼けようとすると、肌は相当黒くなる必要があります。
というのも、黒髪は本当に真っ黒だからです。
黒人の方でも境目が目立つレベルですから、まず現実的ではありません。

 

金髪の場合は、そもそも日本人の肌は元々黄色寄りで、脱色した黒髪も黄色寄りになるので、色を合わせやすいんですね。

 

 


はげてきたら選びたい育毛剤

ただし、ボウズにしても、今までの抜け毛の勢いを止めることはできません。

 

そのためには髪の成長力(攻撃系)と男性ホルモン抑制(防御系)の両方に対応した育毛剤を、全額返金保証で試してみても損はないかと。

 

 


プランテルの特徴

プランテルはM-034と、DHT抑制に強いヒオウギエキスを高濃度で配合しています。わざわざM字型用の育毛剤という肩書きがついていますが、M字はDHTが最も影響する部位なので、M字専用 = DHT抑制に強いということです。

M字型に特化した事で、コストが抑えられているので継続しやすいです。
1日あたりの費用はわずか136円と、このクラスの育毛剤で一番安いです。
いまなら育毛サプリがプレゼントされてお得です。

価格 6980円(1日あたり136円)
評価 評価3
備考 DHTに強いヒオウギエキスを配合。1日のコストが最安